【解決法あり】フリマアプリはJCB商品券(金券)は購入・出品できない理由

フリマアプリ商品券

数年ほど前までは、メルカリやラクマといったフリマアプリでもJCB商品券などの金券の売買することができました。

今回は、メルカリやラクマなどのフリマアプリでJCB商品券(金券)が購入・出品できない理由と、その代わりとなる方法を解説しますので、ぜひ、参考にして下さい。

> JCB商品券をドコモ払い(d払い)で購入し現金化

メルカリ・ラクマでJCB商品券(金券)は購入・出品できない理由

商品券出品禁止

自分の不要なものを売り、お金に替える事ができるのがフリマアプリの魅力の1つでもあります。

メルカリやラクマユーザーの中には、プレゼントや景品で商品券をもらったものの自分で使う予定がないから売りたいという人もいるはず。

しかし、昨今は、JCB商品券などの金券の出品や購入は全面的に禁止されています。

ここでは、メルカリやラクマの利用規約を確認しつつ、なぜJCB商品券などの金券類は出品・購入できなくなったのかを解説します。

メルカリ・ラクマではJCB商品券(金券)の出品は禁止

現在、メルカリやラクマなどのフリマアプリでは、JCB商品券などの金券の類は、一切出品することができません。

それは、度重なる利用規約の改定により、JCB商品券などの金券の出品が禁止されたためです。

以下の利用規約にあるように、商品券を含め、お金と同等に扱われるものに関しての出品は全て禁止されています。

ラクマの場合は、具体的な商品券名まで挙げて、かなり厳しく取り締まっています。

参考として、メルカリとラクマの出品禁止項目を紹介します。

メルカリの出品禁止項目

概要

メルカリでは、有形/電子を問わず、金銭と同等に扱われるもの全般の出品を禁止をしています。
違反を確認した場合は取引キャンセル・商品削除・利用制限となる場合があります。

どのようなものが違反になりますか?
  • 現在流通している国内外の貨幣、仮想通貨
  • チャージ済みのプリペイドカード類(Suica、楽天Edy、nanaco、WAONなど)
  • オンラインギフト券 (iTunesカード、Amazonギフト券など)
  • 商品券、ギフト券
  • 航空券、乗車券、旅行券
  • クレジットカード、キャッシュカード
  • 債券、小切手、未使用の切手(円)、収入印紙、登記印紙
  • 宝くじ、勝馬投票券
  • 貴金属の地金(インゴット)
  • その他、金銭と同じ意味を持つもの

(出典:メルカリガイド(現金・金券・カード類)

ラクマの出品禁止項目

<金券・有価証券>
・現在有効な紙幣及び通貨、仮想通貨
・宝くじ、勝馬投票券、totoまたはそれに類するもの
・債券、小切手、手形、株券などの有価証券、未使用の印紙(収入印紙・登記印紙・特許印紙・収入証紙・建退共証紙)、未使用の切手
ラクマが禁止と定めている商品券、ギフト券、旅行券
→禁止商品リスト:「商品券、ギフト券」「旅行券」
・QUOカード
・電子ギフト券
・交通系電子マネー
・プリペイド式クレジットカード
・プリペイドカード
・その他金銭と同じ意味を持つもの

(出典:ラクマ禁止用品リスト)

メルカリ・ラクマでJCB商品券(金券)が禁止となった理由

メリカリやラクマのフリマアプリでJCB商品券などの金券が出品禁止となった理由は、

『一部の悪質なユーザーが、現金や金券を不正な価格で出品を繰り返したこと』が発端です。

理由1:メルカリで現金が出品されるという事件が発覚

メルカリ商品券

2017年にメルカリで現行紙幣を、その金額以上で出品している出品者がいることが発覚しました。

例えば、50,000円分紙幣が54,000円で出品されるという具合にです。

このことを問題視した運営局側は、エラー通貨や希少通貨などのコレクション要素のあるお金以外の出品は全面的に禁止しました。

しかし、現行紙幣の出品が禁止されると、今度は電子マネーにチャージしたものや商品券を、その額面以上の金額で出品する者がでてきました。

そのことに頭を抱えた運営側はついに、商品券や金券などのお金に変わるものの出品を全面的に禁止とすることに踏み切ったのです。

理由2:現行紙幣やJCB商品券などの金券の出品はマネーロンダリングになり得る

商品券現金化

マネーロンダリングとは、不正な方法で得たお金を流通させて、その出所をわからなくさせることです。

メルカリで現行紙幣や商品券などの金券の出品することは、マネーロンダリングにもなり得るということで、商品券の類の出品を全面禁止にしました。

メルカリ・ラクマなど運営局側の貸金業法・出資法違反のほう助となるリスク

メルカリやラクマなどのフリマアプリ事業者は、あくまで、物品の売買の場を提供しているのみなので、貸金業者ではありません。

しかし、出品者が勝手に現金をその額面以上で売ることは、実質的にお金に利息をつけているのと同然。

そのため、運営側は貸金業法の違反となるリスクを避けるために、紙幣や金券の出品も禁止にしました。

また、出品者が現行紙幣を、その価格以上で売ることで、運営局側が出資法違反のほう助(手助け)をしているとみなされ、法律違反のリスクも出てきます。

実際に、メルカリで現金・商品券などの金券の出品が禁止となった2017年には、現行紙幣を出資法の規定以上の20%を超える金額で売ったとして、出品者が逮捕される事件が起こっています。

金融庁・消費者庁が消費者保護のため、現金化に目を光らせている

現金化は、消費者の債務が増え、借金が膨れ上がるリスクもはらんでいます。

そのため、数年ほど前から、金融庁や消費者庁はクレジットカードなどの後払い決済方式による、現金化のリスクについて注意喚起を呼びかけています。

メルカリやラクマを運営しているのは大手上場企業。

現金や商品券の出品を禁止したのは、弱者である消費者を守るためや、コンプライアンスを遵守するためでもあります。

関連JCB商品券を現金化!どの方法が高換金率で現金化できる!?

【解決法】メルカリ・ラクマのフリマアプリがダメならモバオクを使う!

このような背景もあり、現状、メルカリ・ラクマなどのフリマアプリではJCB商品券などの金券は購入できません。

しかし、その代替として有効な手段があります。

それは、モバオクを使い商品券などの金券を購入することです。

モバオクは現状JCB商品券(金券)の出品が禁止されていない

メルカリでの現行紙幣の出品は、ニュースに取り上げられた程ですので、当然、モバオクでも現行紙幣の出品は禁止されています。

しかし、その一方で、商品券などの金券についての出品は、今のところ禁止されていません。

今現在、JCB商品券だけでも、これだけの数が出品されています。

モバオクJCB商品券

また、出品禁止項目にも商品券は記載されいていません

出品禁止アイテム

1 アダルト関連商品
2 制服
3 商標権等を侵害するまたはそのおそれがあるもの
4 著作権等を侵害するまたはそのおそれがあるもの
5 肖像権等を侵害するまたはそのおそれがあるもの
6 医薬品、医療機器
7 個人情報が記載されたもの
8 サービス、データ、情報など
9 生体
10 タバコ
11 毒物、劇物、農薬、肥料、一部の塗料など
12 安全性に問題のある食品
13 使用許諾契約に反するコンピュータソフトウェア
14 不動産
15 刃物・武器・危険物
16 現行紙幣
17 名義の登録・変更を前提としない携帯電話
18 健康食品、ダイエット食品
19 違法または不正な利用がなされるおそれがあるもの
20 法令により取引に制限のある動植物の器官又はそれらの加工品
21 公序良俗に反するもの
出典:モバオク出品禁止アイテム

ドコモ払いなどキャリア決済対応

モバオクは支払い方法として、ドコモ払いなどのキャリア決済に対応しています。

対応しているキャリア決済方式は次のとおりです。

  • auかんたん決済
  • ドコモ払い
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

キャリア決済には上限があるので注意

ただし、キャリア決済は使用できるものの、1回の支払い上限や、月間で使える支払いの上限があるので注意が必要です。

キャリア決済別の支払い上限は以下のとおりです。

決済方式 1回の利用上限 月間の利用上限
auかんたん決済 9,999円 最大合計5万円まで
ドコモ払い 29,999円 最大合計3万円まで
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い 9,999円 最大合計5万円まで

(参考:モバオク

メルカリ・ラクマでJCB商品券(金券)は購入・出品できない場合のまとめ

メルカリやラクマのフリマアプリででは、JCB商品券などの金券は現在一切購入できません。

その背景として、

  • 一部の悪質なユーザーが現行紙幣や商品券を不当な価格で売却した
  • 運営側が紙幣や商品券の出品をマネーロンダリングや法律違反の危険性があるとして排除した

そして、その代替方法として、オークションサイトのモバオクであれば、ドコモ払いなどのキャリア決済でも商品券が購入できるということでした。

キャリア決済などの後払い方式で、JCB商品券などの金券を購入したい方は、モバオクを使うと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。