月初は避ける!ドコモケータイ払いを現金化するオススメ日

現金化先生

 

月初は避ける!ドコモケータイ払いを現金化するオススメ日

現金化先生
現金化先生

ドコモケータイ払い現金化するオススメの日にちをご紹介します。換金率アップにつながりますよ♪

 

ドコモケータイ払いを現金化できることは、色々な情報が広まっていますしご存知の方も多いですよね。

いつお金が必要になるかは分からないですが、ドコモケータイ払い現金化はいつでも思い立った時に行えるのが特徴です。

しかし、いつでも行えるといっても現金化には『最適な時期』が存在するんですよ。

今日この記事では【ドコモケータイ払いを現金化するオススメ日】と題して、スムーズにそして快適に現金化できる日を紹介したいと思います!

はじめに)ドコモケータイ払い現金化の方法は・・

ドコモケータイ払いを現金化するには、ドコモケータイ払いで電子マネーギフト券を買って買取サイトで売る方法が基本です。

 

ドコモケータイ払い現金化のオススメの方法!

現在、ドコモケータイ払い現金化するメインの4つの方法は、

https://docomogennkinnka.com/amazongift/

https://docomogennkinnka.com/vandlesaikai/

https://docomogennkinnka.com/itunesgift/

https://docomogennkinnka.com/mobaoku/

となっています。

 

これを踏まえて、以下からの月初を避ける理由を読んで頂けたらと思います。

 

 

なぜ、月初は避けるとドコモケータイ払い現金化は良いのか!?

タイトルに、月初は避ける!とあるので「月初以外に現金化すれば良いんでしょ」と言われたらそれで完結してしまいますが(笑)。

なぜ、月初は避けるべきなのかきちんと理由から確認していきましょう。

それはドコモケータイ払いに限らず、auかんたん決済やソフトバンクまとめて払いー3サービス全てに言えることで、携帯キャリア決済というのが[毎月1日~末日までの利用料金]が後に請求されるからです。

毎月1日にリセットされるということです。

クレジットカードを使った時と同じですね。つまり、締め日が末日というわけ。

携帯キャリア決済を既に利用している人は意識していることと思いますが、携帯キャリア決済には必ず“ご利用限度額”が定められています。

これは毎月(ひと月に)使える金額は、これだけですよという上限額なんですよね。3万円までと設定されていたら、3万円までしか使えないという決まりです。

https://docomogennkinnka.com/creditlimit/

 

 

毎月1日にリセットされる!

9月を例にして考えてみましょう。限度額3万円の人が9/29の段階で既に29,000円使っていれば、今月はあと1,000円しか使えませんよね。1,100円の物を買おうとしても無理なのです。

しかし、あと2日10/1の午前0時まで待てば‥限度額3万円がそのまま復活!するんです。

前月にどれだけギリギリまで使っていようが、1日の午前0時にはリセットされるんです。

https://docomogennkinnka.com/closingdate/

 

 

現金化する人が殺到する!

冒頭で、電子マネーギフト券を買って買取サイトで売るのが基本だと言いました。

ここからが本題です!先ほどの毎月1日にリセットされる=限度額ギリギリまで購入できることから、買取サイトに現金化ユーザーが殺到してしまうんです。

これはある買取サイトのみ限定とかではなくて‥どの買取サイトでも共通しているので、ユーザー側が避けないことには対処できないわけです。

世の中には金欠の人が沢山いることを意味します。

https://docomogennkinnka.com/nettobannku/

 

 

月初にドコモケータイ払い現金化すると良いことなし!

私も現金化にまだ詳しくない頃、何も考えずに1日にアマゾンギフト券を買ってある買取サイトを利用しましたが‥もう二度としないと誓いました(笑)。

もう二度と(月初に現金化)しないと誓った私、なぜこのように思ったのか暴露していきます!

 

普段よりも換金率が下がる!

現金化に一番大切な換金率。これが月初だと一気に下がります。

もともと電子マネーギフト券の需要に応じて換金率が決められており、日々変動するのが当たり前です。

しかし、この月初の時期はどの買取サイトも換金率を下げてくるんです・・これは下げたとしても、現金化する人が月初は殺到するから。

そのままの換金率で維持する必要が無いんですよね。

 

逆に閑散期に換金率を良くすることで、その時期に利用して欲しいという思いもあるのでしょう。

買取サイトにもよりますが、閑散期よりも5~10%は低かった気がします。

時期をずらせばかなりお得に現金化できたものの、私は最初に現金化したのが月初だったので相場を知らず‥本当に悔やまれます。

 

振込までの時間も長い!

換金率が下がることにくわえて、振込されるまでの時間もかなり長くなります。

有名どころの買取サイトでは毎日、振込までの時間と換金率を更新してくれていますが‥私が利用した時は[360分待ち]でした。360分=6時間です!

朝9時頃に申し込みし、ギフト券やこちらの身分証明書などを送って9時半頃。

振込されるまで6時間ですから、15時半ですよね。何故その時に「出直そう」と思わなかったのか・・あの頃の自分を責めたいです。

なぜか「この日しかない!」って思ったんですよねー特に急ぎではないのに。

https://docomogennkinnka.com/kaitoribobu-2/

 

 

<まとめ>対処法は、中旬以降にドコモケータイ払い現金化がオススメ!

換金率が下がっても振込までの時間が長くなっても、きちんとホームページに書いてあってユーザーが確認できる状態であれば何ら問題はありません。

ただ、通常時期より損をしてしまうだけなんです。

しかし、現金化するのに損をしたら勿体ないですよね。ましてや、申し込む時期をズラすだけで対処できるというのに。

月初=1日だけでなく、毎月1~3日と思っておいた方が良いので、よほど急ぎでない限りは現金化する時は中旬以降にしましょう。

1~2週間待つだけで(まぁこれが長いんですが)、換金率も良く振込までの時間も30分程度であるならば‥中旬以降に申し込むことを強くオススメしたいです。

時期を中旬にするだけで、快適にそしてスムーズに現金化できることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です